【SEO対策】上位表示させる為に必要な、キーワード調査とライティングの方法

この記事では、SEOライティングを行い検索エンジンで上位表示をさせる為に必要な方法を記載します。検索上位は記事だけでは対策することは出来ませんが、良質なコンテンツを作ることで、ある程度上位表示の対策などは出来るので、是非この記事を読んで実践してみて下さい。

SEOライティングとは?

SEOライティングとは、GoogleやYahoo!等の検索エンジンで、上位表示をさせる為のライティング方法です。検索エンジンで検索上位表示をさせることで、継続的に検索流入を獲得することが出来ます。
また、その為には以下のような手順を踏む必要があります。

  • キーワード調査
  • キーワード競合調査
  • 検索意図調査
  • 記事構成つくり
  • ライティング
  • 公開前の対策及び設定
  • 公開後の対策
  • 上記のSEOライティングで対策する点順を今から紹介していくので、参考にして下さい。

    キーワード調査について

    SEOを行うために最初に行うことはキーワード調査です。キーワード調査とは、検索エンジン上で毎月何回検索されているのかを調査し、WEBサイトで対策する必要のあるキーワードを判別する事です。
    また、キーワード調査を行う場合、月間検索数・ニーズ分析の2つに大きく分け調査を行います。

    キーワードの調べ方と月間検索数について

    キーワードの月間検索件数を調べる方法は、Googleが提供している公式のキーワードプランナーというツールを活用します。
    キーワードプランナーでは、Googleで検索されているキーワードの月間平均回数を調べることが出来ます。キーワードには毎月10万回以上検索されているキーワードから数百回程度しか検索されていないキーワードがあります。

    それらのキーワードを簡単に分類すると以下の3つに分かれます。

  • ビックワード(月間10万回以上の検索数)
  • ミドルワード(月間1万〜数万回の検索数)
  • ロングテールワード(月間〜1万回程度の検索数)
  • 検索回数(検索ボリューム)は大きければ大きくなるほど、多くの企業やアフィリエイターが対策を行っている為、上位表示は難しくなっています。なので、先ずは、あなたが狙っているキーワードがどのくらい検索されているのかを把握し、どれから対策していけば良いのかを把握しましょう。

    キーワードプランナーの使い方

    まずは、キーワードプランナーにログインします。
    ログインからは下図の手順でキワードプランナーへアクセスしキーワードを調べます。

  • 手順1.Google AdWords管理画面から運用ツールを選択
  • 手順2.運用ツールからキーワードプランナーを選択
  • 手順3.新しいキーワードの選択と検索ボリュームの取得を選択
  • 手順4.宣伝する商品やサービスに調べたいキーワードを入力
  • 手順5.調べたいキーワードと関連性のあるキーワードが表示される
  • 上記の手順で、Googleでキーワードが月何回検索されているか調べることが出来ます。
    この時に気を付けてほしいことは、キーワードプランナーに競合性「高・中・低」と分けられていますが、このキーワードプランナーに記載されている競合性はGoogle AdWordsに出稿する際の広告の競合性になりますので、SEOとは何ら関係性が無いので惑わされないで下さい。

    それでは調べた無数のキーワードを整理する方法をご紹介します。まずは、キーワードの種類から紹介しますので御覧下さい。

    キーワードの種類と整理

    検索キーワードにはいくつか種類があり、それらの種類を理解することで検索意図を把握することが出来ます。検索意図を把握することで、記事のクオリティはグッと高まりますので是非覚えておいて下さい。

    トランザクショナルクエリ(取引型)

    トランザクショナルクエリには「資料請求をしたい」「キーワードを上位にあげたい」等の、何かしらに対して行動を起こしたいと言う意図が含まれています。
    例にして、以下のようなキーワードが挙げられます。

  • 御見積書 ダウンロード
  • テレビ 通販
  • 引っ越し 資料請求
  • 上記のようなキーワードは、Doクエリとも呼びます。このトランザクショナルクエリは、商品の購買や、資料請求などのリード獲得などにつながるキーワードなので、SEOやリスティング広告で非情に競合性が高いです。ですが、このキーワードを上位に上げることで成果に繋がりやすいので、対策必須と言っても過言ではないキーワードになります。

    インフォメーショナルクエリ(情報収集)

    インフォメーショナルクエリは情報収集をしている人が調べるキーワードです。キーワードには「SEO業者の価格が知りたい」「SEOライティングの書き方が知りたい」等のキーワードが有ります。
    例にして、以下のようなキーワードが挙げられます。

  • 日本 人口
  • 記事 書き方
  • 肌荒れ 解消方法
  • 上記のように、疑問や悩みを解決したい人が検索するキーワードで、Knowクエリとも呼びます。このインフォメーショナルクエリを対策するときは、疑問や悩みに対して徹底的に解説してあげること、また専門家の監修や図表にして解説などの手段も有効的です。

    ナビゲーショナルクエリ(案内型)

    ナビゲーショナルクエリは特定のサイト、WEBページを指定するキーワードです。このキーワードは「食べログ」「Wikipedia」など指名検索になります。
    例にして、以下のようなキーワードが挙げられます。

  • 楽天市場
  • Facebook ログイン
  • Yahoo!ニュース
  • このように、明確にアクセスしたいページが有り検索を行っているキーワードのことです。またナビゲーショナルクエリのことをGoクエリとも呼びます。上記のクエリは自分のサイトや会社を知っていて、アクセスしたがっている人が検索するキーワードなので、ランディングページの最適化などでよく使われ対策されているキーワードです。

    これら3つの種類に分け、対策するキーワードを選定していきます。

    お問い合わせ、資料請求などCVを増やしたい場合は、トランザクショナルクエリ
    認知の拡大、潜在層の獲得を増やしたい場合は、インフォメーショナルクエリ
    自分のサイトを検索している人をしっかりと誘導してあげたい場合は、ナビゲーショナルクエリ

    を、対策してあげるといいでしょう。
    また、月間検索回数の選定は最初はロングテールを中心に対策を行い、サイトの検索流入が伸び始め、更にindex数・クローラーの巡回数が高まってから対策すると良いでしょう。

    キーワードの整理が済んだら次は、キーワードの競合調査です。

    キーワードの競合調査

    キーワードの競合調査は、SEOライティングを行う上で非情に重要な要素です。この手順を怠ると、検索結果で上位に上がる記事を作る打率が極めて低くなるので、必ず行うことをお勧めします。

    まずは、狙いたいキーワードで実際に検索結果を見てみて下さい。上位検索結果にコンテンツページが5~8割以上入っている場合は対策可能です。


    何故かと言うと、検索結果にコンテンツページが上位に来ていない場合は、サイトTOPページを上位に表示させるようSEO対策を行っているサイトが殆です。その場合、サイト内に非常に多くの良質なコンテンツが充実していたり、サイト本体が評価されている傾向があるので、記事単体で勝負するのが難しいのです。

    また一概に検索結果が、コンテンツだらけだからといって、検索で上位を狙えるとは限りません。
    その理由としては大きく、コンテンツの品質・充実の2つに別れます。

    コンテンツの品質についてですが、上位に来ているコンテンツはGoogle等の検索エンジンから良質な記事だと判断され、上位表示されている記事ばかりなので、その記事よりもより詳しく、オリジナル要素を足し制作できるかが判断の鍵となります。
    例えば医療系の記事を一般の人が書いても、信頼性と権威性を保つことは出来ません。ですがスキンケア大学のように、全ての記事を意思の監修を入れることにより情報の信頼性・権威性を保つことが出来、他のコンテンツよりも良質と判断され、検索結果に上位表示することが出来ています。

    次に、コンテンツの充実についてですが。これは立ち上げたばかりのサイトにとっては不利な話かもしれません。Googleのアルゴリズムは、記事だけではなくサイト全体に有るコンテンツの中身も判断し評価しています。なので必然的に、情報量の少ないサイトでは、情報量の多いサイトよりも幾らか劣ってしまう。と言う傾向が見られます。
    ですが、こちらはあくまで傾向であって、コンテンツが良質であれば上位表示される等の例も多数見られていますので、最初の方は気にしながら作っていく程度で良いかもしれません。

    ここまでの内容を元にどのキーワードを対策していくかが決まったら次は、キーワードに対する検索意図の調査です。
    その調査の方法を次は紹介するので是非参考にして下さい。

    検索意図の調査

    ここまでで、洗い出してきた検索キーワードは、検索している人がいて何かを探している・調べていることがわかります。
    検索意図を調べる方法としては以下2つの方法が簡易的で便利です。

    Yahoo!知恵袋を使った検索意図調査

    Yahoo!知恵袋やQ&Aサイトを活用し、同じ検索キーワードを検索してみて下さい。すると、Yahoo!知恵袋では大量に質問が投げられていて、悩みや知りたい事に対して質疑応答が様々な視点から得られることが出来ます。
    参考までに「ニキビ 治し方」で検索した時に見つけた良い質問と、回答です。御覧下さい。

    この質問では悩みが細かく書いてあり、どんな悩みを持って検索しているのかを汲み取りやすい内容になっています。更にその質問に対して、治し方数種類・摂取すると良い食べ物等をアンサーが紹介していて、記事を作る上でも非情に参考になる質問と回答です。

    この様にYahoo!知恵袋等のQ&Aサイトを活用して、どういった意図で検索をしているのかを調査すると、よりユーザーが何を考えているのかを汲み取り良質なコンテンツを作成することが出来ます。

    上位に来ているページを参考にした検索意図調査

    この方法は至ってシンプルです。実際に対策したいキーワードを検索し、検索結果で上位表示されたページの中身を見てどのような情報が求められているのかを判断します。ここで注意して欲しいことは、上位に来ているページの構成・テキストをコピーして作ってしまうとコピーコンテンツとしてGoogleに判断されてしまい、検索上位はおろか検索結果にすらならなくなります。またサイト自体がスパム行為とみなされ、以降何をしても上位に上がらなくなってしまう可能性がありますので気を付けましょう。

    検索結果で上位表示されているページを参考に検索意図を意図理解したら、上位に来ているページよりもより細かく、丁寧に記事を作っていきましょう。

    記事構成の作成について

    記事の構成は以下の図のような形で、リード・本文・まとめと言った内容で固めていきます。

    記事構成の作成では、記事の議題となる大きな要素を頭から分解し、細かく作り上げていき最後にまとめる。と言った作業をします。

    例えば、この記事では「SEO ライティング」という議題について以下の順番で進めています。

    1.SEOライティングとは
    2.キーワード調査
    3.キーワード競合調査
    4.検索意図調査
    5.記事構成つくり
    6.ライティング
    7.公開前の対策及び設定
    8.公開後の対策

    この構成は、そもそもSEOライティングがわからない人から、キーワードの調べ方・記事構成の作り方、ライティング方法までを紹介しています。本来であれば、構成・書き方・気をつけるポイント程度でも良いかもしれませんが、SEOライティングが何かわからない。人用にも作りあげています。そうすることにより、広範囲での人に見てもらい参考にしてもらえる記事構成にしています。

    この様に、誰に何を届けるかによって1つのテーマでも、詳しく書き長くなってっしまったり、逆に簡単に要点だけ説明し短くするパターンが有ります。どちらが世界というわけではないですが、他の記事ではどこまでを詳細に記載し、作り上げているかを参考に指摘事項星を作っていくことをお勧めします。

    ですが、この記事構成が命と言っても過言ではないので、妥協は絶対にしないで下さい。

    ライティングについて

    SEOライティングでは、だらだらと書かない、「あれそれ」のような代名詞を使わないことが重要です。
    指示代名詞は、読んでいる人を混乱させるだけではなく、関連キーワード、複合ワードなどが抜けてしまう1つの原因でも有り、検索キーワードが少なくなってしまうと、テキストを読み込み理解しているGoogleが良質なコンテンツだと判断しづらくなってしまうのです。
    だからといって無闇矢鱈にキーワードを詰め込むことはスパム行為になりますので気を付けて下さい。

    それらを踏まえて、リード文・本文・まとめについて注意して欲しい事を記載していきます。

    リード文について

    リード文は読者の興味を惹きつけ先に進んでもらうための重要なパートです。このリード文の部分で気を付けることは、方向性と観点を明確に決めることです。この記事では何をゴールに紹介している記事なのか。何を知れるのかなどを記載して下さい。
    また、どういった視点からなのかも重要です。例えば先程紹介したスキンケア大学では医師が紹介するという、医師の観点から治し方などを記載しています。このように、「誰が何を教えてくれるのか」が分かりそこにメリットが有ると、ユーザーは読み進めてくれます。

    本文について

    本文では各見出し毎に適切な内容を簡潔に述べていきます。また1文章1つの説明・内容にして下さい。1文章の文章で複数の内容を詰め込み記載していくと、読者が混乱し分からなくなってしまいます。
    また、見出は必ずh2h3h4…の順番で進めて下さい。これは検索エンジンがh2h3h4…の順番で読み込んでいて、順番が違うことで上手く読み込めなくなってしまい検索結果に影響を及ぼしてしまう可能性があります。

    本文ではなるべく詳細に簡潔に説明することを意識して記事制作を行い、根拠を出来る限り掲示してあげて下さい。
    また、自身のサイト内に関連するコンテンツが有る場合は、関連記事として内部リンクを貼り紹介して下さい。内部リンクを設置することはSEO対策として有効な手段になりますので、検索結果で上げたいコンテンツは関連する記事を作り、内部リンクを設置して下さい。

    まとめについて

    まとめの内容では、本文で伝えた内容を簡潔に述べ商材へ誘導する。または他記事に誘導するなどでしっかりとクロージングして下さい。勿論作り上げた段階で、誘導先・クロージング先がない場合もあると思いますので、その際には無理に誘導先を作らずまとめてあげて下さい。公開後に商材・誘導先が出来たら記事を改修するなどの作業をすれば問題ないです。

    ここまでが、SEOライティングに必要な公開までの要素です。
    SEOライティングは、ライティングだけではなく多くの調査が必要であることがお分かりいただけましたでしょうか。

    では、公開のタイミングで確認する項目について説明していきます。

    公開前に気をつけること

    記事が完成したらあとは以下の内容を気を付けて下さい。

  • h1h2h3のタグが順番通りに設定されているか
  • bタグ、strongタグを多用していないか
  • 文章中に不自然にキーワードが出現していないか
  • タイトルが32文字以内になっているか
  • meta keywrodが設定されているか(目安は1~3つまで)
  • meta descriptionが設定されているか
  • アイキャッチは設定されているか
  • 誤字脱字・表記揺れはしていないか
  • これらの内容は、wordpressであれば「All in ONE SEO」というプラグインを活用すれば一気に設定することが出来ます。上記の公開前の設定はSEOの要件としてはほんの一部の評価対象ですが、全て徹底して行うということで、検索結果で上位を狙えるような対策を行う。と言う姿勢を忘れずに設定して下さい。

    公開後の対策

    上記の設定をすべて行い公開が済んだら必ず行ってほしいことが有ります。それは、SearchConsoleを活用してGoogleにsitemapを送信して下さい。もしくは、Fitch as Googleを活用して作成下記事のURLを送信して下さい。
    そうすることにより、indexが早くなり検索エンジン上に反映されやすくなります。

    公開後は、はてなブックマークなどのソーシャルブックマークを活用して、PVを集めるなどの対策を行いましょう。
    また、その後一向に検索エンジン上で上位に表示されない場合は、他の上位に上がっているコンテンツと見比べて、必要な要素・不要な要素を編集することで更にコンテンツに磨きをかけましょう。また関連する記事を作り内部リンクを設置することも有効です。

    SEOコンテンツはアップしてから2〜3ヶ月ほど上がらないことも有りますので、しばらくは様子を見ながら新しい記事を作ることをお勧めします。

    まとめ

    ここまでご覧頂きありがとうございます。この記事を通してSEOライティングに必要な知識は得ることが出来ましたでしょうか?
    SEOライティングと言ってもその前に、準備することが非常に多くあり、公開後の記事のメンテナンスが必要であったり、作る前にキーワードの調査が必要であったりとても手間のかかるものです。

    ですが、ここまで紹介した工程を惜しみなく徹底して行うことで、検索結果での上位表示の可能性も高まりきっとあなたのお役に立てるかと思います。
    是非この記事を参考に良質な記事制作を行ってみて下さい。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です